マジックフィルムのご紹介

マジックフィルムとは

PDLC液晶フィルムをラミネートすることで
瞬間調光を可能にしました。

マジックフィルム/マジックガラスは、電圧により透過度を変えることのできる「PDLCフィルム」をラミネートしたフィルム/ガラスで、スイッチングのON-OFF操作だけで、すり調ガラスが一瞬で透明に変わるフィルム/ガラスです。

PDLCフィルムを中間膜にラミネートした「マジックガラス」や既存のガラスに貼り付けるタイプの「マジックフィルム」があります。

OFF
ON

PDLCフィルム

PETフィルム

PDLCフィルムとはPolymer Dispersed Liquid Crystalの略で 高分子分散型液晶と呼ばれています。液晶を高分子中に分散させた液晶層を利用した液晶フィルムです。
それは、水中に浮く油の粒子のように、液晶の微小粒子を高分子中に分散させることで、液晶を薄膜内で固定することなく存在させているのが特徴です。

PDLC液晶フィルムは、電流をかけない場合には、分散した液晶のベクトルが異なった方向を向いているため、界面で光が散乱することで不透明な白色状態(オペーク)を作り出しますが、電流を加えることによって、高分子と液晶の屈折率がほぼ等しくなり、透明状態になります。
その際のスイッチングスピードは0.1秒以下で瞬時にガラスの表情を変化させます。オペーク状態でのHAZE値も2%±0.5と高透明化を実現しています。

マジックフィルム

マジックフィルムとは、吸着性ののりが付けられている液晶フィルムで、厚みは485μm±10μm。既存のガラスの上にマジックフィルムを貼付し、ON-OFFのスイッチングによって透明・不透明の変化をもたらすことができます。
フィルム状なのでRガラスにも施工が可能。最大製作寸法は1,200×3,000で背面からプロジェクターによる投影が可能です。

マジックガラス

マジックガラスとは、リモートコントロール、またスイッチングのON-OFF操作だけで透明ガラスがオペーク調のガラスに一瞬で切り替えることができる、合わせガラスです。
3mm+3mm、5mm+5mm、6mm+6mmの合わせガラス内の液晶フィルムに電流が流れた時には透明に、電流が遮断された時はオペーク調のガラスに変わります。
ガラスの一辺に電極と専用のコントローラーが必要でAC100Vへの接続となります。最大製作寸法は3,000×1,500でプロジェクターによる背面投影が可能です。